角質肥厚 ターンオーバー

首の古い角質がイボ・ポツポツになるの?

ターンオーバーが乱れると角質肥厚になる

肌には幾つもの層があって、最も表面にある部分を角質層といいます。 肌細胞はターンオーバーによって、常に新しい細胞を作り出しています。 複数ある肌の層の最も下部にある基底層で新しい細胞が生まれ、細胞分裂をしながら角層で働きやすい形に姿を変えて最終的に角質層に到達します。 ここまでくると老廃物となっているので、後は垢など一緒に洗い流されることになります。正常ならば約28日かけてこのサイクルが絶えず繰り返されていいます。
ターンオーバーのおかげで、潤いやハリのある肌を維持できているのです。 しかし、このサイクルが何らかの原因で乱れて、最後の排泄作用が滞り、角質層に過剰に老廃物などが溜まると角質肥厚という状態になります。 鏡を毎日見ていても、昨日より厚くなった、と確認できることではないので、肌のコンディションの変化で確認するしか方法はありません。

角質肥厚は肌トラブルを起こしやすくします。くすみ、しみなどが気になった時にはすでに角質が溜まっている可能性が高いです。 他にも、吹き出物ができやすい、毛穴が黒ずんでいるなどのトラブルも発生します。ターンオーバーの乱れには複数の原因があります。 たとえば乾燥です。肌の保湿が不足すると新陳代謝力も低下するので、不要な角質が排泄できない状態になります。 肌が乾燥する主な原因には、紫外線、肌機能の老化、空気の乾燥、タオルなどによる強い摩擦、などがあります。 さらに、ダイエットによって油分を制限している場合も原因となります。
肌を乾燥から守るためには、保湿効果の高い化粧品の利用も必要ですか、これらの原因から守る対策も必要です。 特に紫外線は1年を通して肌に当たるので、日焼け止めを必ずつけるようにしたり、帽子や日傘を利用すると効果的です。 日常のケアによってまずは角質肥厚にならないように注意することが大切です。 角質肥厚になってしまったら、スキンケアで解消することができます。 ポピュラーな方法はピーリングですが、定期的に実施すること、必要以上の力でこすらないことがポイントです。